ガッテンで特集された恐怖の失明原因

試してガッテンで特集!欧米の失明原因No.1となった目の病気

健康番組の中には、大げさでいい加減なものもたくさんあります。

 

そんな中で、比較的マトモな内容を19年も続けているのが、NHKのためしてガッテン。

 

2014年11月19日に放映された「1200万人!目の現代病 危険な目やに発見ワザ」によると…

 

欧米では、加齢黄斑変性という病気が失明原因のNo.1

この病気は、京都大学山中教授のiPS細胞を使った治療で一気に知名度があがった

(とはいえ、iPS細胞を知ってても、この病名を知ってる人は少ない)

黄斑変性は、ブルーライトを見る機会が多いほどなりやすい

 

ということ。

 

なんのこっちゃ?ですよね。

 

ブルーライトは、テレビやパソコンの画面、スマホの画面からもフツーに出ている光です。

 

ガッテンで特集された恐怖の失明原因

 

これを受けると…

 

ブルーライトを受けると、網膜内で活性酸素が発生

活性酸素が視神経を攻撃する

視神経が、はがれ落ちて網膜内にカスがたまる

カスがたまると、目のピントを合わせる部分「黄斑」が炎症をおこす

炎症を起こした箇所が内出血

失明

 

まさに、風が吹けば桶屋が儲かる的な、ブルーライトを浴び続けると失明するという流れ。

 

まあ、あれでしょ。欧米だから。
欧米はきっと、むちゃくちゃパソコンとか使ってるからでしょう。

 

日本では、どうなんでしょう?

 

日本の加齢黄斑変性は?

 

公益財団法人の「難病情報センター」によると、

  • 日本での推定患者数は69万人
  • 日本人の視覚障害の原因の第四位

とのことです。

 

あー…、
日本でも患者さんは結構いるんですね。

 

どういう治療するの?

 

でもね、加齢黄斑変性の治療はけっこう進んでて、
適切な治療をすれば、90%は改善するらしいんですよ。

 

なあんだ、良かったー。

 

ただし…
その治療方法は恐ろしいものでした。

 

ガッテンで特集された恐怖の失明原因

 

番組内では、お医者さんが言っていました。
「針も細いですし、針は視界に入りませんから平気ですよ〜」
と、笑いながら。

 

いやいやいや、
そりゃアンタは刺す方だから平気かもしれないけど、刺される方はイヤすぎるよ!

 

しかも、定期的に注射しないといけないらしいんで、
何回もブスブスブスブス刺されるわけですよ!

 

だ…だめだ!目に注射されたくない!

 

当サイト管理人はビビリながら、対策を調べ始めました。

緑黄色野菜が加齢黄斑変性の予防につながる?

目の黄斑色素が少ない人が、
毎日カロテノイドを一定量摂取したら、半年で色素量が約45%増加したとか。

 

カルテノイドは緑黄色野菜に多く含まれるものです。βカロチンとかあのへんもそうなのかな?
中でも「ルテイン」が目をブルーライトから守る効果があるようなのです。

 

番組内では、2種類の野菜が紹介されていました。

 

目の中のサングラス機能をアップさせる緑黄色野菜

 

  • ほうれん草(1/3束)
  • 小松菜(1/3束)
  • チンゲンサイ(1/2束)
  • ブロッコリー(1株)

 

これらは、少しの油と合わせて摂ると吸収率が良くなるそうです。
ドレッシングかけたり、軽く炒めたりすればいいのかな。

 

活性酸素を撃退する抗酸化機能をアップ

 

  • パプリカ(ビタミンC)
  • にんじん・春菊(ビタミンA)
  • かぼちゃ・パセリ(ビタミンE)

 

さらに、牡蠣(カキ)や、煮干し、焼き海苔に含まれる亜鉛も合わせて摂ると良いようです。

 

ブルーベリーも抗酸化作用が期待出来ます。

 

ブルーベリーサプリランキング